MENU

筋肉痛におすすめの薬について

スポンサーリンク

筋肉痛は、必ずしも運動不足の人でなくともなることがあります。
日頃運動をよくするにせよしないにせよ、日常あまり使わない筋肉を急に使った場合に筋肉痛が起こることが多いようです。
いつもよくウォーキングをしている人であっても、自転車に乗って猛スピードでこいだりすると翌日足の筋肉が非常に痛んだりするのはこのためです。
筋肉痛におすすめの薬としては、外用薬と内服薬とがあります。
筋肉痛を今すぐやわらげたいというときには両方同時に使うこともできます。
内服薬だけを用いるよりは、外用薬と合わせて用いる方が即効で効果が期待できるといわれています。
外用として代表的なものは湿布です。
湿布は痛みを感じている筋肉の上から直接貼ることができます。
1枚だけでなく数枚を一緒に貼ることによってより早く痛みを改善することも可能になります。
最近ではかぶれにくい成分を使用した湿布も販売されているので、皮膚のかぶれやすい人はそうしたものを選ぶのがおすすめです。

スポンサーリンク

 

筋肉痛に対処するには、軟膏などを塗るという方法もあります。
こうした軟膏は昔から洋の東西を問わず人々に重宝されてきた製品が多くなっています。
ワセリンなどにハーブや生薬をブレンドすることによって痛みをやわらげる効果を持たせています。
ミントなどが多く含まれているので、メントールの効果により痛む部位に塗った直後から気持ちよい感じがするのが特徴です。
軟膏はベタつくのが嫌だという人もいますが、湿布は貼る場所によってははがすときに痛いという場合もあるので、軟膏と湿布を使い分けるのがおすすめです。
ベタつきが気になるという人の場合は、塗った上にガーゼなどを当てると快適に使えます。
筋肉痛に対しては飲んで効果を発揮する錠剤なども販売されており、人気を呼んでいます。
肩や腰などが痛むときには、全身の血行が悪くなっていることが多くなっています。
そのため、そうした錠剤には血行を改善するためのビタミンEや、こりなどをやわらげるビタミンB1・B6・B12などが配合されています。

スポンサーリンク