MENU

筋肉痛を治すために役立つ薬

スポンサーリンク

筋肉痛とは、ダメージを受けた筋肉が回復していく過程で生じる痛みのことです。
激しいスポーツなどをすると、筋肉には細かな傷ができます。
その細かな傷を治すために、体はその部分に多くの栄養分を送り込みます。
栄養分は血液によって運ばれてくるため、その部分では血行が良くなります。
その刺激で炎症が起こり、痛みが生じるようになるわけです。
つまり回復と痛みとはセットになっているわけです。
そのため筋肉痛を治すためには、痛みは必要不可欠と言えます。
しかし痛みが強い場合には、日常生活に支障を来たすこともあります。
そのような場合には、治るまでの間、薬によって痛みを抑えることも可能となっています。
特に有効とされているのが、消炎成分が含まれている冷湿布薬です。
痛みは炎症によって生じるので、炎症を抑えれば、痛みも軽減されます。
また、患部を冷やすことで血流がある程度抑えられるので、それによっても炎症はおさまりやすくなるのです。

スポンサーリンク

 

ただし、血流を抑えたままでは、筋肉の回復に必要な栄養分が不足しがちになり、筋肉痛の治りが悪くなる可能性もあります。
そのためある程度痛みを抑えた後は、逆に患部を温めることが必要となってきます。
そのためには、温める効果のある湿布薬を使うことが効果的です。
貼ることで患部の血行が良くなり、筋肉には多くの栄養分が届けられるようになります。
その結果、スピーディに回復しやすくなるのです。
湿布薬がない場合には、タオルに包んだ保冷剤を使って冷やしたり、蒸しタオルや入浴で温めたりすることも効果的とされています。
要は、痛みが強い時には冷やして抑え、抑えることができれば今度は温めるわけです。
こうすることで、痛みによる辛苦が少ない状態で、筋肉痛を治していくことができます。
また、筋肉痛は日頃使っていない筋肉を酷使することで生じやすくなります。
そのため日頃からできるだけ全身の筋肉を使うようにしていると、予防することが可能になります。

スポンサーリンク