MENU

太ももの筋肉痛を早く治す方法とは

スポンサーリンク

筋肉痛はつらいですよね。
特に太ももの筋肉痛は筋肉が大きい分とてもつらいものです。
筋肉痛を早く治す方法は誰でも知りたいと思うはずです。
そもそも筋肉痛とは、激しい運動により筋肉の繊維が壊れ、炎症を起こすことが原因です。
筋肉痛になったまま無理をして運動を続けてしまうと最悪の場合、疲労骨折になってしまうこともあります。
そうならないためにも正しい治し方を知って早く筋肉痛を治しましょう。
まず、大切なことは運動をしたあとに必ずクールダウンをすることです。
運動をすぐにやめてしまうと、血流が悪くなり、乳酸がたまり、心臓にも負担をかけます。
激しい運動をしたあとは軽くジョギングをしたり、ストレッチをするなどして、少しずつ筋肉を休めるようにしましょう。
そうすることで乳酸が溜まるのをすこしでも防いで筋肉痛になるリスクを減らすことにつながっていきます。
なにも難しいことではないので、運動後のクールダウンを習慣づけてやってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

 

特に太ももの筋肉痛にはストレッチはとても効果的な方法です。
一番重要なのは、固まった筋肉を伸ばしてほぐすことです。
太ももの場合、腿の両側をさすることでリンパの流れを良くしましょう。
リンパの流れがよくなったら、次に太ももを全体的に指圧してもみほぐしましょう。
こうすることで効果的に筋肉をほぐし筋肉痛を防いだり改善することができます。
ストレッチ以外にも重要なことがあります。
それは食べ物やプロテインなどの栄養を摂ることです。
傷ついた筋肉を回復する自己回復機能を活かすには、タンパク質を摂ることがとても大切です。
プロテインがない場合は、肉や魚、豆腐や納豆などの大豆製品をたくさん食べるようにしましょう。
ほかにも豚のレバーに含まれる亜鉛やビタミンB6、うなぎやピーナツに含まれるビタミンB1なども効果があります。
激しい運動の後には必ずクールダウンをして栄養をとり、十分な休息をすることが大切です。
筋肉痛を早く治す方法は、この他にもたくさんありますし、人によって効果が異なります。
いくつか試してみて自分に合った方法をやってみましょう。

スポンサーリンク