MENU

お尻の筋肉痛には原因があるのです

スポンサーリンク

たくさん泳いだり、ウォーキングをしたり、スクワットなどのお尻に負担をかける筋肉トレーニングをすると尻が筋肉痛になってしまいます。
また長時間座る姿勢でいてもそれが原因となることがあります。
お尻の筋肉は自分が使っているかどうかもあまりよくわからないので、知らない内に使いすぎてしまい筋肉痛となることがよくあります。
また少しの運動位では筋肉がだるくなったり、重くなったりすることはないので安心してください。
後は絵を書いたり、書道に集中したりした時には気づかない内に非常にお尻に負担がかっているので注意をしてください。
尻に負担がかかってしまい、重だるくなったり、しびれたりしたとしても、この筋肉は大きいため早く治りやすい傾向にあります。
スクワット等の無理な筋肉トレーニングによって使いすぎた時には、休憩をして休ませておき、しっかり治してからもう一度鍛えると筋力がつきやすく体に負担もないのでオススメです。
原因は沢山あります。

スポンサーリンク

 

筋肉痛というものは簡単に言うと、筋肉を使いすぎた事によってダメージを受けてしまい、重ダルかったり痛みなどを伴うことをいいます。
二の腕やふくらはぎなどがよく筋肉痛を起こしてしまう筋肉として注目されていますが、お尻も座るときに重力がかかったり、動く時に体の軸をなすので、結構負担がかかることが多いのです。
しかしそう簡単には筋肉痛にはならないのでご安心ください。
一概にこれが原因だということはできませんが、いろんな条件が折り重なって筋肉痛になることが多い場所だと思います。
またお尻の筋肉を強く鍛えることが大切です。
寝ている時間が多かったり、あまり動く事がすくない場合には弱くなってしまうので、痛みを引き起こす原因となります。
体の軸となる場所なので、この場所を大事に気を配って日常を生活する事を心がけると良いです。
受験生の方は常に椅子に座って勉強することが多いので、お尻に負担をかけてしまいがちですが、時々立って歩く事で予防する事も出来ます。

スポンサーリンク