MENU

筋肉痛のひどい痛み等について

スポンサーリンク

 筋肉痛とはその名の通りに筋肉に痛みが発生するという疾患で、激しい運動の後等に発生する事があります。
この疾患が発生する原因は主に2つで、1つは筋肉に炎症が発生する事、もう1つは筋肉に乳酸が溜まる事になります。
 筋肉に炎症が発生するという現象には、筋肉を構成している繊維や組織が関係しています。
激しい運動等を行なうとその刺激に組織等が耐えられなくて損傷が起こる事があり、これによって炎症が発生して筋肉痛へと発展するのです。
 もう1つの原因となる乳酸とは疲労物質の一種で、筋肉を使えば使うほど筋肉内に蓄積されていきます。
乳酸は酸性の物質なので筋肉に蓄積すると筋肉を硬くするという性質があり、これによって筋肉の伸縮力が低下して痛みが出るのです。
 筋肉痛が発生した場合に現われる症状としては、患部の痛みがよく知られていてひどい痛みになると動かすのが困難になります。
場合によっては日常生活に支障をきたす可能性も出てくるので、早めに正しいケアを行なう事が大切です。

スポンサーリンク

 

 筋肉痛が発生した場合のケア方法についてですが、まず最初は冷たく絞ったタオル等で患部を冷やすのが有効だと言えます。
筋肉痛が発生した直後は筋肉の炎症が進行している状態なので、外側から冷やす事で炎症がひどくなるのを食い止めるのです。
そのため体を温める作用のある入浴やシャワーは、症状がひどい場合には避けたほうが賢明と言えます。
 次に炎症がある程度落ち着いてきたら、マッサージをして血行を良くすると回復に効果的だと言われています。
ただ力を入れ過ぎると筋肉を傷める場合があるので、あくまでも優しく行なうのがポイントになります。
 ちなみにひどい痛みが続く場合には筋肉痛ではなく、それよりもひどい肉離れや筋の断裂が発生している可能性があります。
この違いは素人では判断出来ない場合も多いので、安易に決め付けないようにする事が大切だと言えます。
こうなると素人の手には負えないので、速やかに病院を受診して適切な治療を受ける事が望ましいです。

スポンサーリンク