MENU

押すと痛い筋肉痛への対策

スポンサーリンク

健康意識の高い方々が増えている現在では、多くの方が日々の習慣として運動をされています。
運動をすることはとても良いことですが、なかには押すと痛い筋肉痛になる方もいらっしゃいます。
そこで、押すと痛いようなひどい筋肉痛になった場合の対策方法をご紹介します。
押すと痛いような筋肉痛には、筋肉を冷やすアイシングが効果的です。
ひどい痛みのある場合には、筋肉は大きな炎症を起こしています。
そのため、冷やして血流を抑えることで痛みを軽くすることが出来るのです。
また、ここで注意するポイントがあります。
ひどい筋肉痛の場合には、お風呂は控えた方が良いということです。
何故かと言うと、お風呂に入ると血流が良くなってしまい、更に痛みが増してしまう可能性があるためです。
運動を日々の習慣に取り入れることは非常に良いことですが、毎日を快適に過ごすためには、アイシングなどその後の体のケアについても知っておくことが非常に重要です。

スポンサーリンク

 

押すと痛いほどの筋肉痛には、他にも対策方法があります。
それは、熱めのお風呂に浸かることと冷たいシャワーを交互に浴びる、温冷浴を行うことです。
これは、意図的に熱めのお風呂と冷たいシャワーを利用することで、毛細血管の伸縮を促すことが目的です。
そうすることによって、体の中の血流やリンパの流れが良くなり、体内の循環が良くなります。
その結果、運動によって発生した疲労物質を早く体外に出すことが出来るのです。
具体的な方法としては、42℃くらいのお湯に3分ほど浸かってから1分ほど冷たいシャワーを浴びます。
これを3回ほど繰り返すことによって体内循環が良くなり、押すと痛いほどの筋肉痛の痛みは軽くなります。
ただし、この方法は心臓に負担がかかるため、心臓などに持病のある方、血圧が高い方は控えたほうが良い方法です。
健康のことを考えて運動するのは良いのですが、その後に痛みで動くのも大変な状態になっては意味がありませんので、アイシングや温冷浴など体のケアについての知識も身に付けておくことが大切です。

スポンサーリンク