MENU

運動後の筋肉痛を緩和させるプロテインとタイミング

スポンサーリンク

激しいトレーニングを行った後には筋線維が破壊される為に筋肉に痛みを感じる事になります。
これは筋肉痛として知られている症状で、運動により損傷した筋肉が回復していることを意味します。
よって、筋肉痛は筋線維を修復して、より大きな筋肉をつくる為には欠かせない工程なのです。
エクササイズ後の回復の仕組みを把握しておく事で筋肉痛を緩和し、短期間で痛みを緩和させることが期待できます。
運動により筋線維が破壊されると疲労物質が蓄積されて筋肉に痛みを感じます。
そのため。
痛みが改善した後には、筋線維がより太くなり強靭なものとして生まれ変わるのです。
また、筋肉への負担が大きくなりすぎた場合、筋線維が破壊された部位が広範囲に及びます。
特に、大きな負荷の掛かりやすい大腿部や大胸筋は長期的な回復期間を要する事も多くなるので、回復を促す効果的な方法を把握しておく事が求められるのです。
この筋肉痛を上手く改善する方法にはプロテインがあり、摂取するタイミングが重要です。

スポンサーリンク

 

筋肉痛を改善する為にはプロテインの摂取が効果的です。
とりわけ、強度の高いトレーニングで筋肉の線維が大きく破壊された場合、筋肉に痛みを感じるタイミングは運動直後ではなく翌日から二日後とされます。
そのため、この痛みを感じる前にプロテインを摂取して筋肉の回復に必要なタンパク質を補給し、筋線維の回復を促すことが大切です。
また、筋肉が回復するまでの期間は数日程度にわたります。
この修復期間の痛みを改善する為には、プロテインを摂取することが不可欠です。
プロテインはサプリメント等を使用する事で適切な量を摂取することが可能です。
しかし、食事から良質なタンパク質を十分に摂取することが可能であるならば、サプリメントを使用せず筋肉の回復を効果的に促すことも出来るのです。
ところが、筋線維の破壊を十分に補う量のプロテインは食事からのみでは摂取する事が難しくなります。
その為、手軽に摂取できるサプリメントが理想とされ、運動後の適切なタイミングで摂取することが筋肉痛を緩和する効果的な方法とされます。

スポンサーリンク