MENU

ランニングによる筋肉痛と股関節の痛みの対処法

スポンサーリンク

ランニングは最も効果の高い有酸素運動の一種であり、筋持久力の向上やダイエット等に役立てられています。
しかし、ランニングが原因で筋肉痛を発症するケースは頻繁に見られ、その他にも身体各部に何らかの異常を来たすケースがあります。
筋肉痛は数日程度の休息期間を経ることで回復が見込めるものです。
この筋肉の痛みが治まることで、以前よりもランニングを楽に感じるようになるケースが見られます。
そのため、走行距離が伸びたりジョギングのタイムが短縮する等の変化が見られるのです。
これは運動に伴い心肺機能が向上する事に加え、ランニングに必要とされる身体各部の筋肉が大きくなる為です。
従って、筋肉痛の回復に伴いパフォーマンスが大幅に向上する事が知られています。
しかし、筋肉ではなく関節に痛みを感じる場合には注意が必要です。
特に、ランニングにより膝関節や股関節に痛みを発症するケースは多く見受けられ、身体各部の痛みに対して適切な対策を講じる事が効果的な改善に繋がるのです。

スポンサーリンク

 

長距離のジョギングでは身体各部の関節に大きな負担が掛かる事になります。
特に、股関節は頻繁にランナーが痛みを訴える箇所であり、痛みを感じる部位や症状に応じて対処法が異なります。
股関節の痛みの原因としては股関節のクッションとなる軟骨が磨り減ってしま等の原因が挙げられます。
また、激しいジョギングの場合は骨盤の上部に疲労骨折を起こしている場合もあるので、個々の症状を正確に判断する為に医療機関を受診する事が必要です。
しかし、軽度の慢性的な痛みの場合はジョギングをはじめたばかりの方やオーバーワークが原因となるケースが多く、適度な休息と栄養補給で改善する事が一般的です。
また、ランニングで股関節に痛みを感じるケースでは、骨格の歪みが原因で上半身のフォームが乱れているケースが多く見られます。
この姿勢の悪さが股関節への過度な負担となり痛みを発症するのです。
よって、医療機関等を受診して歪みの状態を確認してもらい、場合によっては身体のゆがみを矯正してもらうことが痛みの改善に繋がります。

スポンサーリンク