MENU

筋肉痛が痛いと感じて寝れない場合

スポンサーリンク

運動をした後に起こる筋肉の痛みを筋肉痛と言うのです。
普段運動をしない人が急に運動をしたり重い荷物を長時間持つことで、特定の部位の筋肉が痛くなることがあるのです。
運動後数時間〜翌日に起こる筋肉の痛みを、遅発性筋痛と呼ぶのです。
運動をしたことによって傷ついた筋肉の維持を修復することで起こる現象と言われていますが、はっきりしたことは分かっていないのです。
激しい運動や新しい種目の運動は、遅発性筋痛になりやすいと言えるでしょう。
人間の体は、収縮運動によって力を発揮させているのです。
収縮運動は3つの種類に分けることができますが、その中でも重い荷物を下ろしたり階段を下りるなどのエキセントリック運動は筋肉痛になりやすいといえるでしょう。
筋肉を伸ばす時の方が筋線維への負担が大きくなるため、損傷が起こりやすくなるのです。
階段を下りる時や坂道を下る時などは、ゆっくりした行動を心がけることで予防することができるのです。

スポンサーリンク

 

遅発性筋痛以外の場合はインフルエンザ、筋炎、リウマチ性多発筋痛症、びまん性筋膜症、自己炎症性疾患、シェーグレン症候群、線維筋痛症などが考えられるでしょう。
筋肉痛は自然に治るものですが、痛いと感じて寝れないこともあるのです。
回復を早めるためには冷やして炎症を鎮め、痛みが落ち着いたら温めて回復を促すといいでしょう。
ストレッチ、マッサージ、入浴などで温めてあげるのも効果的なので痛いと感じて寝れない場合は試してみるといいでしょう。
タンパク質、亜鉛、ビタミンB郡が多く含まれている食材を積極的に摂るようにするといいでしょう。
レム睡眠とノンレム睡眠を繰り返すことで、肉体は回復してリフレッシュさせることができるので睡眠をしっかりとることが大切です。
筋肉痛になった時は、アルコールは厳禁なのです。
お酒を飲むことで、タンパク質や亜鉛が大量に消費されて関節の痛みの原因になってしまうのです。
痛いところをマッサージするのも控えるようにしましょう。
白血球が筋繊維からはがれて回復を遅らせてしまうのです。

スポンサーリンク