MENU

筋肉痛は病院の何科を受診すべきか等について

スポンサーリンク

 筋肉痛とはその名の通りに筋肉に痛みが発生するという疾患で、比較的身近な疾患の一つと言う事が出来ます。
例えば運動不足の人がランニング等で急に筋肉を使ったりすると発生しやすく、実際に経験した事がある人も少なくないです。
 この疾患が発生する原因は主に筋肉の組織等の損傷と、筋肉内での乳酸の蓄積の2つを挙げる事が出来ます。
人間の筋肉は繊維や組織等で出来ているのですが、運動等で負荷がかかるとこれらの部分に損傷が発生する事があります。
この損傷によって筋肉が炎症を起こして、筋肉痛になってしまうのです。
 もう一つの原因となる乳酸とは疲労物質の一種で、筋肉を使えば使うほど筋肉内に蓄積されていきます。
乳酸が多く蓄積されると筋肉を硬くする性質があるため、筋肉の弾力が失われて痛みが発生する事があるのです。
 筋肉痛になった場合に現われる症状としては患部の痛みがあり、ひどくなると動かす事も難しくなってしまいます。
こうなると普段の生活を送るのに支障をきたす事もあるので、早めにケアを行なう事が大切になります。

スポンサーリンク

 

 筋肉痛のケア方法としては、まず最初に患部を冷やして起きている炎症の悪化を食い止める事が重要です。
保冷剤や冷水で絞ったタオル等を使って冷やすのが良いですが、保冷剤等を使う時は患部の凍傷に注意する必要があります。
 患部の炎症の悪化が治まり落ち着いてきたら、マッサージを行なって患部の血行を良くすると治りが早くなると言われています。
ただ早く治そうとして力を入れ過ぎると筋肉を傷めてしまうので、優しくマッサージをする事がポイントです。
 ちなみに筋肉痛がいつまでも治らない場合や痛みが激しい場合には、他の疾患が発生している可能性が出てきます。
代表的なものとしては肉離れや筋の断裂等があり、こうなると素人のケアだけでは治らないケースも少なくないです。
 そのため上記したような状態の場合には、出来るだけ速やかに病院を訪れて医師に診てもらうのが望ましいと言えます。
ちなみに筋肉痛での病院の受診が初めての場合等は、病院の何科を受診するべきなのか迷うという人もいます。
このように何科の受診か分からないという場合には、基本的には整形外科を受診して診てもらえばまず間違いないです。

スポンサーリンク