MENU

筋肉痛の超回復を促す理想的な食事

スポンサーリンク

激しい運動を行った際に筋肉痛に悩まされる事があります。
この筋肉痛の特徴としては運動直後に感じることは少なく、一定の時間が経過して痛みが発症する点です。
また、年齢を重ねるごとに筋肉に痛みを感じるまでの時間が長くなる傾向も見受けられます。
筋肉痛は筋肉に高い負荷が掛かり筋線維が壊れたことを意味します。
ところが、筋肉の損傷が修復されることで以前よりも筋肉の線維が太くなるという特徴があり、これ超回復として知られています。
その為、十分に休息をとった後には筋肉線維が太くなるので、より大きな力を発生させることが出来る身体となるのです。
この超回復の仕組みを上手く利用することで、競技のパフォーマンスを向上させたり、以前よりも負荷の高いエクササイズに取り組む事が出来るようになります。
超回復に伴う筋肉痛を解消する為には食事が重要なポイントです。
そのため、トレーニング後に摂取すべき栄養素や食事を摂る理想的な時間を把握しておく事が不可欠なのです。

スポンサーリンク

 

筋肉の超回復には一定の時間が必要とされます。
通常は筋肉の回復に要する時間は二日から三日程度が必要とされ、この期間に十分な休息をとることで回復を促すことが出来るのです。
筋肉が回復している過程では栄養素を摂取して筋線維の修復をサポートする事が欠かせません。
万が一筋肉の修復が完全に終わらないタイミングで再度エクササイズに励んでしまい、超回復の期間に十分な栄養素が供給されないケースでは筋線維の修復が効率良く行われなくなります。
そのため、筋肉量を上げて身体機能を向上させる為にも、筋肉の修復に欠かせないタンパク質を必要量摂取することが重要なのです。
且つ、筋線維の再生と疲労した身体機能の回復を目的とした場合、バランスの良い食事を心掛ける事も必要です。
体内でのタンパク質の合成に欠かせない栄養素としては各種のビタミン類が挙げられ、栄養バランスのとれた食事がトレーニングにより蓄積された疲労物質の排出を促します。

スポンサーリンク