MENU

正しいジョギングのフォームで必要な腹筋と筋肉痛の緩和

スポンサーリンク

ジョギングは最も効果の高い有酸素運動の一つであり、ダイエットや基礎体力の向上において理想的なエクササイズです。
ジョギングは長時間にわたり走る運動である為に大腿筋を酷使します。
しかし、適切なフォームを維持して走り続ける為には、全身の筋肉を総合的に使うことが必要です。
とりわけジョギングに重要な筋肉が腹筋です。
理想のフォームを維持して走り続ける為には体幹の筋肉が重要な役割を担います。
中でもジョギングに理想の上半身のフォームをつくる上では腹筋が酷使され、このフォームを維持して走り続けた場合に腹部に筋肉痛を発症することがあるのです。
この腹筋の痛みを改善する方法としてはジョギング後の栄養補給が不可欠です。
よって、筋線維の修復で活用されるタンパク質を積極的に摂取して破壊された筋肉の回復を促すことが大切です。
場合によってはプロテインのサプリ等を用いてタンパク質の吸収を促すことで、より早期の回復を期待することが出来ます。

スポンサーリンク

 

ジョギングにより腹筋に激しい痛みを感じる際には、筋肉痛対策として腹筋を鍛えておくという方法が効果的です。
ランニングのパフォーマンス向上を目的とした筋力トレーニングは、外部の目立つ筋肉を鍛えるものではありません。
これは身体内部の体幹の筋肉を鍛えるもので、有酸素運動で大切な筋持久力を向上させます。
従って、大きな負荷を掛けずに長時間取り組むエクササイズが理想です。
そして、長時間のランニングで腹筋に痛みを感じた場合、マッサージを施し血流を促すことが効果的な対処法の一つとされます。
筋肉に痛みを感じている部位は乳酸が蓄積され血行も滞りがちです。
そのため、筋肉の修復に必要な栄養素を運搬する血液が上手く廻らなくなってしまいます。
そのため、腹部の筋肉にマッサージを施して血液の循環を促し、蓄積された疲労物質を除去する事が大切です。
腹部に適度な刺激を加えることで疲労物質の排出が促されるので、腹部の筋肉痛の緩和方法となります。

スポンサーリンク