MENU

微熱があって筋肉痛もあるときは風邪と考えてよいのか

スポンサーリンク

運動をした翌日や翌々日に筋肉痛が生じたときは、運動したために起こった痛みだと思いがちです。
しかし、もし同時に微熱が出ているような場合には注意する必要があります。
その場合はインフルエンザにかかっていることが筋肉痛の原因かもしれないからです。
インフルエンザにかかると発熱や筋肉痛、関節痛などの症状があります。
一方、ふつうの風邪の場合には筋肉痛の症状はあまり見られないのが一般的です。
ふつうの風邪のときは熱といっても微熱止まりであることも多くなっています。
最もよく見られる発熱は、風邪の場合37.5度前後くらいであることがほとんどです。
しかしインフルエンザの場合は熱が一気に上昇して高熱になることが多いのです。
このため、筋肉痛になったときは発熱がないかよく気をつけて、微熱でも油断せずその後の経過を注意深く見るようにすることが大切です。
例外が全くないわけではありませんが、筋肉が痛むかどうかは風邪とインフルエンザとを見分ける目安のひとつとなるのです。

スポンサーリンク

 

インフルエンザのような病気になったときに筋肉痛が起こる原因は、体の免疫細胞がウイルスを攻撃するという作用によるものだといわれています。
また、病原菌と戦っているときは体の筋肉が凝り固まることが多いせいだという説もあります。
後者の説の場合には、風邪のときにもこうした痛みが見られることがまれにあるという例を説明することができます。
いずれにしてもこのように病気が原因で筋肉が痛む場合には、湿布を貼るなどの通常の対処法のほかにも手当てを行う必要があります。
インフルエンザの場合には病院に行くことがほとんどなので、病院でもらった薬を服用すればこうした痛みもやわらぎます。
病院で処方される薬には、微熱や高熱などの発熱を緩和する成分だけでなく痛みをやわらげる成分も配合されているからです。
一方、ふつうの風邪なのに筋肉が痛いというときは、市販の解熱鎮痛薬で対処することができます。
こうした薬にも頭や筋肉・関節などに現れる痛みを緩和する作用があるのです。

スポンサーリンク