MENU

片足の筋肉痛の原因は、利き足でない足の炎症が多いです

スポンサーリンク

筋肉痛の原因は、普段使っていない筋肉を使うことにより、疲労が起こり、炎症が発症して痛みます。
このため、片足のみの筋肉痛の場合は、利き足ではない足に起こることが多いです。
しかしながら、筋肉痛による炎症が激しい場合には、肉離れや疲労骨折といった症状の原因となることから筋肉痛の痛みが通常よりも長く続く場合には、医療機関を受診することです。
医療機関を受診することによって片足の筋肉痛による痛みの原因の特定を医学の観点から診断を行い、必要に応じて精密な検査を受けることが出来ます。
この精密な検査には最も用いられるレントゲンによる画像診断からCTやMRIといった高度な画像診断があり、最近では病院だけでなく、診療所でも検査を受けることが出来るので、原因を究明しやすくなっています。
診療科目については、整形外科や外科を受診すると良く、最近ではスポーツ科といった専門性により特化した診療科もあるので、必要に応じて受診すると良いです。

スポンサーリンク

片足のみの筋肉痛の原因として幾つかあります。
一つは、利き足でない足の筋肉量は、利き足よりも劣っていることから筋肉への炎症が起こりやすい傾向があります。
もう一つの原因に身体の重心が傾ていることなどがあります。
身体の重心が傾くことによって常に片足への負担が高まることから片足に筋肉痛のような症状が起きることがあります。
そして、足を含めた身体には普段にはあまり使っていない筋肉が大きくあり、普段行っていないスポーツや動作を行うことによって疲労が起きることによって発症します。
片足などの筋肉痛が起きた場合には、原因は炎症によるものなので、まずは安静にして筋肉を使わないことです。
また、湿布といった炎症作用を抑える市販薬も有効で、片足の筋肉痛による痛みが激しい場合には、痛み止めなどを用いることによって抑えることが出来ます。
炎症が抑えられることによって痛みは徐々にひきますが、痛み方が違って来た場合などは違う原因が考えられるので、その際には病院を受診することです。

スポンサーリンク