MENU

腹筋部分の筋肉痛の治し方について

スポンサーリンク

筋肉痛を治す場合、まずは原因等について知っておく必要があります。
一般的に、筋肉痛が起こる原因は「壊れた筋肉の修復」と考えてください。
また、筋肉の繊維だけに限らず、人体の修復や回復には栄養素と時間が必要です。
この2点から筋肉痛の治し方を説明します。
まず栄養素の補給についてですが、もちろん食事から摂取を行います。
腹筋を初めとする筋肉の修復に必要とされる栄養素はタンパク質です。
そのため、この成分を多く含む食材(例えば肉や魚など)を意識して食べるようにしましょう。
通常の食事だけで十分な量のタンパク質の摂取が見込めない場合は、サプリメントなどを利用してください。
プロテインなどは、薬局等で容易に入手することができます。
また、必要な栄養素を摂取するだけでなく、筋肉に吸収させる必要があります。
日常生活を行うだけでも可能ですが、栄養素の吸収は睡眠中に最もよく行われるため、6〜8時間の睡眠を取るよう意識しましょう。

スポンサーリンク

 

部分的な筋肉痛の治し方は、その部分に多くの栄養素を送り込むことが一番です。
一般的に、筋肉に痛みがあるときは筋肉が硬直しており、毛細血管から十分な量の栄養素があまり送られてきません。
このような場合の改善策として、筋肉をよく揉み込み、ほぐす方法があります。
腹筋は自身でも容易に触れることができるため、就寝前や入浴中に数分ほどゆっくりと揉んでおきましょう。
また、前屈と後屈を交互に繰り返す運動などで腹筋を動かすことも効果的です。
他の方法としては、お湯に浸かる方法があります。
38度〜42度程度のお湯に浸かり、毛細血管中の血行をよくすることで、栄養素が送られてきやすくなります。
最後に、極論ではありますが、筋肉痛にならないことが一番です。
そのためには、筋肉の繊維を丈夫にしておくことが必要です。
運動が苦手な方でも、就寝前などに軽く腹筋運動を行う程度で構いません。
そうすることで、筋肉の繊維が強化されて簡単には繊維が壊れにくくなるため、筋肉痛の予防になります。

スポンサーリンク