MENU

太股のつらい筋肉痛とストレッチの関係

スポンサーリンク

久しぶりの運動や負荷の高い運動で起こる筋肉痛。
特に太股などの大きな筋肉で起こると、日常生活にも支障をきたします。
筋肉痛の原因は医学的にもまだはっきりと特定できておりませんが、筋肉の収縮運動によって筋組織やその周辺組織が破壊されて炎症は起こる事により、痛みを伴う事が有力な説です。
炎症とは体の組織が破壊された際に、これを取り除いて再生を試みる体の正常な反応になります。
例えば捻挫や打撲等の体を損傷した時は患部の組織が破壊されています。
それを修復しようと体内で活動が起こるのですが、その際に腫れや痛みが伴った炎症反応が起こります。
運動不足の場合、筋肉は収縮運動に慣れていないので筋組織が破壊されやすく、炎症も起こりやすいと想定されます。
普段日常的に運動している人で収縮運動に慣れていても負荷の高い運動を実施すると収縮幅が大きいため、筋組織が破壊されて炎症が起こると想定できます。
以上の事から、筋組織や周辺組織の破壊による炎症が筋肉痛の発生原因の有力説となっております。

スポンサーリンク

 

では筋肉痛になった場合に早期回復に何が有効か。
また予防策について考えてみます。
原因として体内組織の破壊を修復する事による痛みなので、修復作業を効率よく行える環境を作ることが早期回復になると考えられます。
筋肉等の細胞組織はタンパク質が主な成分になります。
よって有効策の一つとしてタンパク質の摂取が挙げられます。
太股等の大きな筋肉はたくさんのたんぱく質が必要となるので、プロテインやBCAA等の摂取が理想的です。
つぎに食事等から体内に摂取された栄養は血液に運ばれて各組織に届くので、血行を良くする行為が有効だと考えられます。
方法としては温冷浴やストレッチ、マッサージ等が挙げられます。
予防策に関しては運動前に筋肉をほぐすことによって、急な収縮運動による筋組織の破壊を是正する事ができると考えられます。
方法としてはマッサージやストレッチ等が挙げられます。
特に運動前に入念なストレッチをすることによって筋肉がほぐれて収縮率が高くなり、筋組織が破壊されにくい状態を作ることができます。
以上の事から、筋肉痛の予防や早期回復には運動前後のストレッチが手軽にできる対策だと考えられます。

スポンサーリンク