MENU

腰の筋肉痛の症状と日常的な予防策

スポンサーリンク

身体の中でも腰の筋肉は痛みを発症しやすい傾向が見られます。
これは日常的な動作で腰に負担が掛かりやす事が理由とされますが、その他にも姿勢が問題となる事やスポーツで過度な負担が掛かるケースも見られます。
また、筋肉が疲労した状態で大きな衝撃が加わると、単なる筋肉痛ではなく筋線維が断裂して突発的に大きな痛みを伴うこともあるのです。
これらの理由から痛みの原因を詳しく検証し、それぞれの症状に応じた治療を施す事が必要とされます。
身体の中でも背中から臀部の大きな筋肉郡は負担が掛かりやすい場所です。
よって、仕事で重いものを持ち上げる機会がある方やデスクワークで同じ姿勢をとる時間が長い場合は、この部位に痛みを発症するケースが多くなります。
そのため、痛みを改善する為には日常的な状況を踏まえた上で対策に取り組む事が必要です。
この部位の筋肉痛は放置してしまうと慢性的な痛みへ発展する可能性も高い為、医療機関を受診して早期のケアに取組む事が大切です。

スポンサーリンク

 

腰の痛みの治療としては、筋肉に生じている炎症を和らげる事が重視されます。
そのため、医療機関では外用薬を用いて炎症を抑え、症状によっては超音波等の医療機器を使用して筋肉を温める治療法が採用されます。
同時に痛みを発症している部位に負担を掛けない事が重要になり、補助器具を着用して日常生活の中で負担が掛からないように筋肉をサポートする事が必要です。
且つ、民間療法ではマッサージで痛みを発している部分の血流を促す処置が施されます。
これは血流の促進と共に痛みの原因となる疲労物質の排出に繋がる為です。
更に、痛みが抑えられた後には腰痛の再発の防止にも配慮しなければなりません。
これは筋肉に柔軟性を持たせる事が重要で、筋肉を適度に伸ばすストレッチを継続する事が推奨されています。
特に、お風呂上りで筋肉が温まっている状態が理想とされ、腰痛の再発を防止に役立てられているのです。
従って、再発予防を目的とした継続的なケアにも取り組む事が必要とされます。

スポンサーリンク